TOP
53.98score

ほよよ★

【NEM/XEM】体育会出身でもできるスーパーノードのなり方(Windowsサーバー版)準備編④

んちゃ。
準備編③ではサーバー側のPCでウォレットを立ち上げて起動させました。
Delegated harvestingはアクティベーションまでに6時間掛かりますので、早めにやっておきましょうね。

その後の作業です。

◆「package」フォルダの中身をいじります
準備編③でスタンドアロンのNEMウォレットをダウンロードしました。
それを解凍した際のフォルダをいじっていきます。
package → nis とフォルダを下りていくと、「config.properties」ってファイルがあるので、それをテキストエディタで編集します。(「config.properties」ファイルをテキストエディタにドラッグ&ドロップで開きます)

いじるのは、46行目、47行目、あとは必要に応じて50行目です。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

♯nis.bootKey = ♯0123456789abcdef0123456789abcdef0123456789abcdef0123456789abcdef
♯nis.bootName = foobar

↓これを行頭の頭の♯を取って、=の右側を書き換えます。

nis.bootKey = (ここに準備編②で控えておいた「プライベートキー」を入れます)
nis.bootName = (適当な名前:スーパーノードの一覧で表示される名前になりますのでかっこいいものをぜひ。)

それと、50行目は
nis.shouldAutoHarvestOnBoot = true
が「true」じゃない文言ならば「true」と入れて保存しましょう。

変更後はこんな感じです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

続きはまたこんど。ばいちゃ。

目次へ戻る

【NEM/XEM】体育会出身でもできるスーパーノードのなり方(Windowsサーバー版)目次

んちゃ。ネム厨の皆さま。「300万XEMあればスーパーノードとやらで日々報酬をもらえるようになるみたい」ってことで、興味本位でやったら体育会出身のバカでもできちゃいました。っていうことで、サポートして...
by ほよよ★ 2016-07-02 22:47

.

最終更新日:2016-07-02 22:49

コメント (0)